(2)飲酒しているのをわかっていて車を貸した者 (3)飲酒をさせた者 (4)飲酒運転時に同乗した者; 4、実際にあった飲酒運転者の裁判例内容を紹介 (1)東名高速飲酒運転事故 (2)宮城県で発生した危 … 交通事故が起きると、事故を起こした車の運転手(加害者)が損害賠償や刑罰といった責任を負うことになります。では、運転手以外の人が交通事故の責任に問われることはあるのでしょうか。ここでは交通事故で運転手以外の人が負うべき責任と、その内容について詳しく説明します。 友達が事故にあいました。運転手は知人から借りた車で、その保険は自賠責しか加入しておらず、自賠責限度額120万の保険金だけでは足らず、困っています。病院からは高額の医療費支払いを求められています。 運転手はまだ20歳代ですが、 他人の車を運転して交通事故(人身事故や物損事故)をした場合、保険や修理代はどうなる?誰が払う責任があるの?そして、被害者に対する損害賠償などは、どんな方法があるのかを解説しています。 ※ このコーナーでは個別のご質問にはお答えいたしかねますので、何卒ご了承ください。, 上記の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。, 【保険の選び方】運転者を限定する特約は「別居の子ども」にも適用される?, 【保険の選び方】自動車保険の年齢条件, 友人の車で事故 ~他車運転危険補償特約は使える?~, 【保険金は支払われる?】友人に運転を代わってもらったとき, 車を貸し借りするときの注意点. 自分の車を「故障・交通事故・車検」などで修理業者に預ける場合、預けている間の移動手段として業者が「代車」を貸してくれます。 この代車に乗っている時に、運悪く交通事故に遭遇してしまった場合、果たして誰が責任を取る事になるのでしょうか? 逆に、車を持っていない友人・知人に自分の車を貸してあげるというケースもあるでしょう。では、友人や知人と車を貸し借りした際、貸したもしくは借りた車が事故に見舞われてしまったら、自動車保険の補償はどのようになるのでしょうか。 ・貸したクルマが事故を起こすと、持ち主にも賠償責任が発生する ・知人が安全運転するように、同乗して注意していれば、責任が及ばない可能性が高い ・社用車も同じルールなので、社員が事故を起こせば、会社が責任をとることになる。 そんな貸した車で一番心配になるのは、「借りた人が事故を起こして車を壊してまわないだろうか?」ということにつきます。 そこで今回は、「貸した車で事故を起こされた時、その事故の責任は誰にあるのか?」という事について解説したいと思います。 今年も速いものでもう師走となりました。 これから年末年始は特に飲み会の多いシーズンになりますが、自動車に乗る日に飲み会があるという事もありますよね。 とかく「飲んでからxx時間過ぎれば大丈夫!」 みたいな思い込みで ェアリングなどを利用する方が得策かもしれないですね。, 【ご注意!】 6.1 車を貸した人も処分の対象; 6.2 お酒を飲ませた人・飲酒運転の車に乗せてもらった人も処分の対象; 7 過失割合に納得がいかなかったら弁護士にご相談く … 自転車の飲酒運転は、自動車の飲酒運転と何ら変わりのない犯罪行為なのです。 数多くある自転車の交通違反の中で、最も罪が重いのが飲酒運転です。飲酒または酒気帯び運転で事故を起こしてしまうと、自転車であろうと刑事責任が問われます。 貸した車で事故を起こされた場合、自動車損害賠償保障法の第3条により、その車の所有者にも賠償責任が生じる場合があります。 また、車を借りた人が駐車違反を犯した場合、貸した人(所有者)に違反金の支払督促がくる場合もあります。 「飲酒運転」は道路交通法の「酒気帯び運転等の禁止」で規定されている重大な違法行為です。少しでもお酒を飲んだら車の運転をしないのが大前提です。しかし、自分は絶対に飲酒運転をしないとしても、他の車のドライバーが飲酒運転をしている場面に遭遇するケースがあるかもしれません。では、もしも、飲酒運転をしている車との事故に巻き込まれてしまったとき、自動車保険の補償はどのようになるのでしょうか。 飲酒運転をした人への違反行為の種別として酒酔い運転か酒気帯び運転に分かれ罰則が異なります。飲酒運転をすると知っているのに車を貸した人、お酒を提供した人、車に同乗していた人らに対して飲酒運転のほうじょとして、それぞれ異なる罰則があります。 レンタカーを利用中、交通事故が起きた場合、運転していた自分の責任で解決しなければならなくなります。そこで、安心してレンタカーを利用するため、ご旅行への出発前に知っておきたい4つのポイントについてご紹介します。 知り合いから「車を貸して」と頼まれることがあるかもしれません。ところが、車を他人に貸す行為には重大なリスクが潜んでいます。 軽微な物損事故ならともかく、車を貸した人が人身事故を起こしたよ … 出典:道路交通法65条1~2項 この「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。」というのが、飲酒運転を禁止する法律です。 「酒気を帯びて」というのは、 お酒の量に関わらず、顔色や呼気などの外観から酒気を帯びている と社会通念上認められる状態のことです。 そして次の「2」項で、酒気を帯びて運転するおそれのある人に対して車を貸したりしてはいけないと規定されています。 ちょっとややこしいですが、ここ … 人に車を貸し、その人が人身事故を 起こしてしまった場合、 非があるのは交通事故を起こした 運転者だけでしょうか。 持ち主には全く責任はないのでしょうか。 人に貸した車の所有者、つまり所有者にも 損害賠償の責任が発生する場合があります。 万が一、飲酒運転の車による事故で被害者となったら、加害者の保険からの支払いを受けられるのでしょうか? 飲酒運転の場合に自動車保険(任意保険)が使えるかについてご案内します。 事故の損害賠償についてご相談します。 先日友人に頼まれて、彼に私の車を貸しました。 ところが、友人はその車でバイクと接触事故を起こしてしまい、バイクに乗っていた相手は大ケガをしてしまったそ … 借りた 車で事故をしてしまったとき、確認すべき保険の2つ目は、車にかけられている損害保険です。 つまり、車を貸した側の人が、その車にかけている損害保険が、運転者が別人であっても適用されるのかどうかを確認するということです。 6 飲酒運転で処罰されるのは運転手だけではない. (26歳会社員), 【A】自動車事故による損害賠償責任について、自賠法(自動車損害賠償保障法)という法律があり、その3条に、運行供用者責任が定められています。車の所有者は、直接自分が運転していなくても、原則として運行供用者として損害賠償の責任を負います。責任を負う賠償の内容としては、被害者に対して、治療費や入院費、休業損害(ケガで休業している間の収入補償)、慰謝料等を支払わなければなりません。, また無断使用された車が事故を起こした場合でも、管理状態によっては責任を負う場合があります。あるいは車が盗難にあった場合でも、所有者が運転者と雇用関係にあるなど特別な関係がある場合には、運行供用者として責任を負う場合があります。, 実際には、自動車の所有者は自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)に入ることが義務付けられていますから、誰が事故を起こした場合でも、この自賠責保険を使うことができます。, ただ自賠責保険は、被害者が死亡や寝たきりになってしまったような場合は保険金として3千万円、けがの場合には、120万円が保険金の限度となっています。しかし、運行供用者責任を負うのは、自賠責保険の範囲だけではありませんので注意して下さい。自賠責保険の支払い限度額以上の賠償責任がある場合がほとんどですから、任意保険にも加入しておく必要があるのです。, 任意保険によっては、26歳未満不担保や、運転者を限定した特約など、いろいろな付帯条件を付けることで保険料が安く設定されているものがあります。そのような特約付きの任意保険は、本問のように他人に車を貸した場合のように、条件に反する人が事故を起こした時には、保険は使えません。任意保険に入るときには、保険料だけではなく、どういった場合に保険が使えないのかを充分検討するようにして下さい。, 被害者の立場から言えば、加害者のほうが積極的に示談の話をしてこないような場合は、自賠責保険に対して被害者請求をすることもできます。そして、車の運転者及び運行供用者である車の所有者に対しても損害賠償請求の訴訟を提起することができます。, 車を貸すときには、貸し主にも責任が生じることを充分考えたうえで、むやみに車を人に貸すことは差し控えたほうがいいでしょう。, 先日ある中小企業経営者の集まりで、中小企業の強みというテーマでディスカッションをしました。, 当事務所で常に係属している事件の種類として、コンピューターのシステム開発に関する相談や訴訟事件があります。... 続きを読む, 【Q】車を持っていない友人に車を貸したところ、人身事故を起こし、相手は1カ月ほど入院治療が必要なけがをしてしまいました。私はどの程度の責任を負えばよいですか?... 続きを読む, 交通事故の法律相談を受けて、もっと早く相談にきてくれればよかったのにと思うことはしばしばあります。青信号で交差点に進入したところ、赤信号を無視して進行してきた車に衝突された。... 続きを読む, 自動車事故の当事者になった場合には、できるだけ早い時期に弁護士に相談されるほうがいいのですが、知り合いの弁護士がいない場合... 続きを読む, 大阪市中央区北浜2丁目1番3号 北浜清友会館ビル6階TEL:06-4706-6602 FAX:06-4706-6603, 【Q】車を持っていない友人に車を貸したところ、人身事故を起こし、相手は1カ月ほど入院治療が必要なけがをしてしまいました。私はどの程度の責任を負えばよいですか?, 自賠責保険から賠償金を払えばよいのでしょうか?友人は金銭的に、どこまで責任を負う必要がありますか? 数年前に首都圏の一部地域などで、基準に適合しないディーゼル車の運行を禁止する条例が制定され、規制を逃れるための「車庫飛ばし」や「名義貸し」が問題となりましたが、自分が名義を貸した他人の車が事故を起こした場合、その責任の所在はどうなるのでしょうか? 【Q】車を持っていない友人に車を貸したところ、人身事故を起こし、相手は1カ月ほど入院治療が必要なけがをしてしまいました。私はどの程度の責任を負えばよいですか? 他人の車で事故を起こした場合、問題になるのは修理費や損害賠償の責任を誰がどのくらい負うのかです。事故を起こした本人が全責任をとるのか、それとも友人にも負担をする義務があるのか。この記事では友人の車で事故を起こした場合の責任の所在を紹介します。 (26歳会社員). 飲酒運転に関与した者に責任を追及する. 【q】車を持っていない友人に車を貸したところ、人身事故を起こし、相手は1カ月ほど入院治療が必要なけがをしてしまいました。私はどの程度の責任を負えばよいですか? 自賠責保険から賠償金を払えばよいのでしょうか? 自賠責保険から賠償金を払えばよいのでしょうか?友人は金銭的に、どこまで責任を負う必要がありますか? 加害者が友人の車を借りて飲酒運転で事故を起こしたときは、飲酒運転に関与した者に対して、共同不法行為責任(民法719条)に基づいて損害賠償を請求できます。 飲酒運転に関与した者とは、次のような者です。 飲酒運転によって適用される保険金は、その金額を大幅に制限されてしまいます。これは飲酒運転という大きな過失を背負った状態に加害者があるからです。 では飲酒運転の加害者になってしまったとき、どのような保険を受ける事が出来るのでしょうか? 自動車保険の運転者限定(運転者限定特約)が「家族限定」であれば同居の家族が運転している時の事故であっても任意保険で補償されて、保険料が支払われます。別居の家族の補償は運転者限定を「限定なし」にしていると事故の場合も補償されて保険料が支払われ