アズール シントラのステンドグラス 日本語版 (Azul:Stained Glass of Sintra)の通販なら通販ショップの駿河屋で!ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュアなど 通販ショップの駿河屋は、豊富な品揃え!最新から懐かしのレトロゲームまでなんでもあります! 今回ご紹介するのは、アズール:シントラのステンドグラスです。 内容をざっくりと 王宮の窓を綺麗にステンドグラスで飾りましょう!というゲーム 手番では、場から1色のガラスを取るか、職人コマを左 … © 2021 ニコボド All rights reserved. 需要に対して必要な量のスマホを供給し、稼いだ金額がそのま勝利点となる経営ゲーム。コンポーネントは2層式のメインボー... 独創的で素敵な色彩のイラストに惹かれて購入しました( *¯ ꒳¯*)✨ゲームは、お互いに手札を持ち、得点を取り合い... 議会ボードと元老院、謀略カードといった要素が追加されました。結論から言うと基本のみで遊ぶより遥かに面白いです。どう... ゲームの目的 路線を完成させて列車を走らせる準備 裏が濃い方のタイルから直線3枚とカーブ2枚を配り、残りを抜く タ... 簡単な絵合わせゲーム!山札を人数分作って、順番にめくっていく同じ絵が出てきたらタッチ!スキマ時間にサクッと遊べるよ... ピクソイド:逃げる人はなるべく複数の方向に動ける選択肢がある場所にいること、バグ役は3人で囲むように追い詰めること... ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!エイトビットボッ... 知る人ぞ知る日本の伝統ゲーム『ごいた』をリスペクトし、少しアレンジを加えたゲームです。実物は日本では殆ど流通してい... 私を本格的にボードゲームの沼に引きずり込んだ張本人(張本ボードゲーム?)です。ボードゲームを試すにあたり1人でもプ... とてもゆるい「おばけキャッチ」という印象です。真剣勝負するならおばけキャッチ、ゆるふわプレイするならぼくちく とい... やることが・・・・やることが多い!この一言に尽きる。他の方も書かれてますが、他人のワーカーと被らないように自分のや... 大嘘つき大会です。1周目は基本みんなウソを付くのでガンガン手札消費していっていいと思います。2周目のために本当のカ... ※Apple、Apple のロゴ は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。, ※Google Play とそのロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。. 【土日出荷可能】 ボードゲーム。ホビージャパン アズール シントラのステンドグラス 日本語版 ボードゲーム 4981932024431 アズール シントラのステンドグラス日本語版の最安値の通販・販売店&予約情報はこちら!またゲームの内容についても紹介。アズール シントラのステンドグラス日本語版を割引価格の「最安値」で購入したい方はどうぞ!ボードゲーム・テーブルゲーム最安値送料無料! アズール:シントラのステンドグラス 日本語版アズール:シントラのステンドグラス 日本語版説明プレイ人数 :2~4人プレイ時間 :30~45分本体サイズ :260×260×70mm対象年齢 :8才以2018年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作「アズー あなたはポルトガル全土で一番美しいステンドグラスを作り上げることができるでしょうか? 『アズール:シントラのステンドグラス』は、プレイヤーがガラス職人となり、 シントラの王宮の窓をカラフルなステンドグラスで装飾するゲームです。 宮殿ボード4枚 図案票32枚 ガラス職人コマ4個 マーカー8個 ガラス片100個 得点ボード1枚 先手プレイヤータイル1枚 グラスタワー1個 布袋1枚 他. Next Move Gamesの『アズール:ステンドグラス (Azul: Stained Glass of Sintra)』を遊んだのでルール概要と共にご紹介します!, 『Azul: Stained Glass of Sintra』は王様に頼まれ、ステンドグラスを完成させるタイル配置ゲームです。, 2018年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したゲーム『アズール』の続編となるシリーズ最新作です。ゲームデザイナーは、前作に引き続きミハエル・キースリング氏が手がけています。, 手番では、場に並んだステンドグラスタイルの中から1色を獲得。それを個人ボードに配置することでゲームが進みます。5つ揃うとステンドグラスが完成、得点になるといった流れでゲームが進みます。, ステンドグラスの中央は凹んでいて、見た目ドロップのような形をしています。ちびっこと遊んだら、間違えて食べてしまいそうな感じです。, 前作では、各プレイヤーの得点やマイナス点は個人ボードに配置されていたのですが、その点が本作では共通化されて他プレイヤーの得点状況がわかりやすくなっています。, 各プレイヤーに個人ボードを配ります。個人ボードは上側と下側のボードでわかれており、8列あるステンドグラス置き場はそれぞれランダムに配置されます。, 手番では、【タイルの獲得&配置】もしくは【個人ボード駒の移動(パス)】のどちらか1つを行います。, 場に並んだステンドグラスタイルを1色選んで獲得します。お皿の上から取った場合には、残った他の色のタイルは場の中央に並びます。, その後個人ボードに獲得したステンドグラスタイルを配置する列を選ぶのですが、配置場所は個人ボードに配置した駒によって決まります。, どういうことかというと、個人ボード上の駒が置いてある列より右の列しか選択できないわけです。, そして、タイルを配置後に個人ボード上の駒がその列に移動します。なので、手番が進むにつれて右へ右へと動いていくことになります。, パスをすることで、個人ボード上の駒を左端に戻します。既に左端にいる場合には、パスすることはできません。, 色が一致せず、列に配置することができない場合には失点マーカーが進んでしまうのでパスのしどころは重要な役割を果たします。, 完成した列の個人ボードに書かれた得点と完成した列より右側にある完成済みの列の得点をすべて獲得します。, さらに、ラウンドごとに追加得点できる色が決まっているのでその色で列を完成させると高得点を狙えます。, 列を達成すると完成したタイルが裏返り、新たなステンドグラス作りが始まります。2回完成すると個人ボード上から取り除かれます。, 今までに獲得した得点にゲーム終了時の得点とゲーム中の失点分を合計し、最終的に最も得点の高いプレイヤーが勝利します。, ゲーム終了時の得点は、「A:完成した列の数」と「B:完成した列の数×最多色の数」の2つが用意されています。, 具体的には、配置先の色は各プレイヤー共通だったために色の需要の偏りは発生しずらかったのが前作ですが、本作では高得点な色が決まっています。, そこでの高得点を狙うために完成手前の状態で色を溜め込んでおいたりすることもできますし、裏返りを考慮したタイル完成戦略なども練ることができます。, 得点時には、完成した列より右の得点が一気に入るためどこの列から完成させていくのかという点も大変悩ましいです。, そして、列を2回完成させると配置する場所がなくなっていくシステムは苦しさを生んでいます。だんだんと列が減っていく中で、どうしても1色のタイルをまるごと受け入れる必要が来る場合なんかがあり、それをどうパスして回避するかなども手に汗握ります。, 今回のプレイでは、最後1~2ラウンドでは2色どうしても置けない状況になってまい、とても辛かったです。場の中央に7個とか同色が残ったりしてマイナス点不可避というやつです。, 一緒に遊んだメンバーではタイルが裏返ることもあって前作に比べて他プレイヤーが何色がほしいのかが読みにくくなったとの声もありました。, 今回は、人気タイル配置ゲーム・アズールの続編『アズール:ステンドグラス』をご紹介しました。, 前作『アズール』が物足りないと感じた方はこちらを試してみてはいかがでしょう。もちろん『アズール』の美しさに魅了された方はマストプレイです。, ボードゲーム紹介、ニュース、新作情報、ランキング、イベントレポートなどの情報を発信しています。. 人気ゲーム アズールの2作目 今度は、ステンドグラス職人になります。 アズール独特の丸いタイルに4つ乗ったガラス片1種類だけとって、図案表に乗せ すべて埋まると宮殿の窓に配置して得点を競います。 『アズール:シントラのステンドグラス』は、プレイヤーがガラス職人となり、シントラの王宮の窓をカラフルなステンドグラスで装飾するゲームです。 このゲームでは、プレイヤーは工房に展示されているガラス片を選択し、宮殿の窓枠を飾っていきます。 【種別仕様】ボードゲーム 【プレイ人数】2-4人 【プレイ時間】30-45分 【対象年齢】8歳以上 【商品説明】「アズール:シントラのステンドグラス」は、プレイヤーがガラス職人となり、シントラの王宮の窓をカラフルなステンドグラスで装飾するゲームです。 今年のエッセンで発売された、アズールの独立拡張。アズールと組み合わせて遊ぶのではなく、これ単体で遊ぶものです。, ちなみにシントラはポルトガルの都市で、世界遺産に登録されています。首都リスボンにも近いようで、有名な観光地みたいです。, やることはだいたいアズールと同じです(アズールのルールをだいぶん忘れていますが)。, ラウンドの初めに、7つの皿に袋引きしたタイルを4つずつ乗せます(4人で遊んだとき。人数によって違うかと思います)。, スタートプレイヤーから順に、皿の上か中央から、なにか1色のタイルを全てとり、自身のボードに配置します。1つの列に収まらない場合、1つ取るごとにマイナスです(マイナスは基本的にはゲーム終了時に合算します)。, ちなみに配置できるのは、人コマを置いている場所より右側で、人コマは置いた場所に移動します。パスをすることで、人は一番左に戻っていきます。, だいたいそんな感じで、終了時は70点でトップでした!真ん中にマイナス点のトラックがありますが、-18に行くとその時点で処理されます。けっこうあります。-18。終盤にオレンジ1つしか置けないのに真ん中に6つある、とかになると一気に5つ進むので…。, 最初のほうは、何を考えて進めたらいいのかあまりわからずとりあえずたくさん取れる色を取っていましたが、だんだんわかってくると、次のラウンドの色ボーナスを考えて特定の色のタイルを集めておいたり、右側から頑張って埋めるようにしたり、と方針を考えられるようになり、楽しくなってくるかなと思います。, アズールが好きな人はこの作品も好きになりそうですので、日本語版出るのが楽しみですね!. 解説. 『Azul: Stained Glass of Sintra』は王様に頼まれ、ステンドグラスを完成させるタイル配置ゲームです。 2018年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したゲーム『アズール』の続編となるシリーズ最新作です。ゲームデザイナーは、前作に引き続きミハエル・キースリング氏が手がけています。 手番では、場に並んだステンドグラスタイルの中から1色を獲得。それを個人ボードに配置することでゲームが進みます。5つ揃うとステンドグラスが完成、得点になるといった流れでゲームが進みます。 ユニクロ マスク 売ってる, 昭和区 中華料理店 事故, Macbook Pro 16インチ カスタマイズ, アベンジャーズ Ps4 ベータ版 何時から, メタトロン クレンジング 偽物, ベース フレットラップ Amazon, 住宅ローン 名義変更 親子, 胸肉 春巻き 揚げない, クレジットカード 対象業務エラー G98,